そうだ、ゲームをしよう!

ゲーム紹介、攻略日記などを気ままに書くブログです

世界樹の迷宮シリーズについて

これから「世界樹の迷宮X」のプレイ日記を書くにあたり、

 

「そもそも世界樹の迷宮ってどんなゲーム?」

「どのシリーズから遊べばいいの?」

「難しくない?」

 

と言われる方もいると思うので、各作品について簡単にまとめようと思う。

 

世界樹の迷宮とは

 

 ①ジャンルはRPG

・ストーリーより戦闘を楽しむ作品

それぞれの作品にストーリーはあるものの、基本的にどのシリーズも「冒険者よ、世界樹の最深部を目指せ!!」といった感じの流れ。

よって迷宮の最深部に到達することが目標となる。

 

また作品ごとに話が完結するため、それぞれの繋がりは最新作のX(クロス)を除きほとんどない。

 

シリーズ物のRPGによくある、

「ナンバリング通りに遊ばないとシナリオがわからない」

といったことは心配しなくてよい。

f:id:mixcoffee_game:20181125132914p:plain

 (画像はⅣの最初)

 


・キャラメイク&スキルビルドで迷宮を探索するオリジナルキャラを作る

f:id:mixcoffee_game:20181125141023p:plain

f:id:mixcoffee_game:20181125141037p:plain

世界樹シリーズの醍醐味の1つ、プレーヤーキャラの作成。

ゲーム開始は探索するキャラ作成から始まる。

 

基本的な流れは、

職業選択→外見選択→カラー設定(Ⅴ、Xのみ)→スキルビルドの流れ。

 

キルビルドとは戦闘で使うスキルを自分で自由に組むこと。

プレーヤーキャラは作成時にスキルポイントを3つ持っていて、以後レベルが上がるにつれ1ポイントが貰える。それを、

f:id:mixcoffee_game:20181125135356p:plain

f:id:mixcoffee_game:20181125135412p:plain

スキルツリーを見ながら好きなように割り振る!

 

攻撃特化型にするも良し、万能職にするもよし。

自分の好きなようにカスタマイズして迷宮を踏破しよう!

 


ランダムエンカウント、戦闘はコマンド式ターン制

一部の強敵を除き、基本はランダムエンカウント

とは言っても、エネミーアピアランスが表示されており遭遇のタイミングは大体分かる。

f:id:mixcoffee_game:20181125134232p:plain

f:id:mixcoffee_game:20181125134245p:plain

戦闘は通常攻撃やスキル、アイテムを使って戦う

 


・地図を自分で書く

 

f:id:mixcoffee_game:20181125141600p:plain

 世界樹シリーズの醍醐味、その2

 

このシリーズは未知なる迷宮の踏破が目的なので、最初は当然マップがない。

そこでタッチペンを使ってマップを描く。謎の中毒性あり。

特に決まりがなく自由にアイコンを使って描く。

 

人によって描き方がバラバラなので他プレーヤーの地図を見る楽しみもある。

 

また自分で作ったマップが生死の分かれ目になることもあるので意外と重要。

最近は面倒な人用に自動で描き込んでくれるオートマップ機能あり。

 


②可愛らしい絵柄とは裏腹に難易度は全体的に難しめ

イラストレーターの日向悠二さんが描くキャラに釣られて始める方は注意。

基本は死んで覚えるゲーム。

 

・序盤から雑魚敵の攻撃2発で戦闘不能

・毒ダメージが異常(一撃死レベルのダメージ)

など普通のRPGとは少し異なる感覚。  

  

雑魚戦から状態異常にして相手のスキルを封じたり、強化弱体スキルを駆使した戦いが基本となる。

低難易度orよほどのレベル差がない限り雑魚戦で全滅することも珍しくない。

 

f:id:mixcoffee_game:20181125143014p:plain

今では難易度選択で易しめを選ぶこともできる。(※Ⅳ以降で選択可、Ⅰ~Ⅲは共通)

世界樹らしいシビアな戦闘を楽しむならエキスパート以上を推奨。

 


③ナンバリングがⅠ~Ⅴ、外伝にⅠ・Ⅱのリメイク、最新作にX(クロス)

Ⅰ~ⅢはDS、それ以外が3DS用ソフト。

発売はⅠ→Ⅱ→Ⅲ→Ⅳ→新Ⅰ→新Ⅱ→Ⅴ→Xの順。

 

基本的に新しいほどシステム周りが進化していてプレイしやすい。

よって最新作から遡って旧作をプレイする場合は注意!

 

ここから各ソフトの気になった点を少し解説

(Ⅰ~ⅢはDSソフトのためスクショ直撮り。綺麗なゲーム画像はリンク先の公式HPを参照、参考画像は公式HPより)

 

 

 

世界樹の迷宮【オススメ度 ★★☆☆☆】

f:id:mixcoffee_game:20181125215402j:plain

www.atlus.co.jp

・DSのため画質が粗い

・キャラメイクが名前入力→外見選択の順で面倒

カニ歩き(LRを使った横移動)ができない等システム面が悪い

・戦闘のテンポが遅め

・マップ用のアイコンが少ない

 

f:id:mixcoffee_game:20181125160412p:plain

f:id:mixcoffee_game:20181125161022p:plain

 

f:id:mixcoffee_game:20181125160436p:plain

初作ということもあり、戦闘、職業バランスやシステム周りがまだまだ荒削り。

特に最新作から興味を持って遡った場合は注意が必要。

今からやる場合はリメイク版の新Ⅰでもいいと思う。

 

 

世界樹の迷宮II 諸王の聖杯【オススメ度 ★★☆☆☆】

f:id:mixcoffee_game:20181125215514j:plain

www.atlus.co.jp

 

 ・DSのため画質が粗い

カニ歩きの実装などⅠからの改善多数

・序盤の極悪な難易度

・新職業の追加

f:id:mixcoffee_game:20181125161256p:plain

 

Ⅱは私自身、DS版、リメイク版ともに攻略途中なので詳細はwiki等を参照。

ただバグが多く存在するので、購入する場合はほぼ修正されているベスト版を推奨。

拘りがなければリメイク版の新Ⅱもあり。

 

最序盤の難易度が歴代屈指の鬼畜さなので、初プレイの方はこの作品を避けた方が無難かもしれない。

 

 

世界樹の迷宮III 星海の来訪者【オススメ度 ★★★☆☆】

f:id:mixcoffee_game:20181125215702j:plain

www.atlus.co.jp

 ・DSのため画質が粗い

・大航海マップの追加

・サブクラス制の導入

・マルチエンディング制の採用

 

f:id:mixcoffee_game:20181125161403p:plain

f:id:mixcoffee_game:20181125161425p:plain

f:id:mixcoffee_game:20181125161442p:plain

樹海以外を探索する大航海マップの追加、メイン職業以外のスキルも使えるようにしたサブクラス制の導入が大きなポイントとなった作品。

特にサブクラスはキャラメイクの幅を広げ、Ⅲ以降も何かしらの形で受け継がれるシステムとなった。

 

また途中でストーリーが分岐し、選ぶルートによって使える職業が変わるので全職業を使いたい場合は周回する必要がある。

 

Ⅲのみ3DSでリメイクは出ていない。

 

・サブクラスのバランス調整が甘く、火力インフレが起きた

・大航海マップの追加による影響か、本迷宮のフロア数が減少した

 

等の問題も挙げられるが、作品自体はボリュームもあり面白い作品となっている。

 

 

世界樹の迷宮IV 伝承の巨神【オススメ度 ★★★★★】

f:id:mixcoffee_game:20181125215809j:plain

www.atlus.co.jp

・3DSになり画質の大幅向上

・敵にも前列、後列のシステムが採用

・難易度カジュアルモードの追加

・職業間バランスの良さ

・希少固体の登場

・戦闘中に図鑑が見れる等システム周りの改善

f:id:mixcoffee_game:20181125162408p:plain

 (画質の向上に伴い、スキルツリーがⅢとは比べ物にならない程見やすくなった)

f:id:mixcoffee_game:20181125162818p:plain

 

ハードが3DSになりグラフィックやシステム周りが大幅進化。

やり込めば一部桁外れの強さになる職業があるものの、職業間のバランスは歴代でも随一。

易しめの難易度が選択可能になり世界樹入門にオススメできる作品。

 

 

 

新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女【オススメ度 ★★★★☆】

f:id:mixcoffee_game:20181125215901j:plain

www.atlus.co.jp

・Ⅰのリメイク、3DSによる高画質化

・ストーリーモードの実装

・ボイスの実装

・フロアジャンプ機能の追加

グリモアシステムの採用

・セーブデータが1つしか作れない

f:id:mixcoffee_game:20181125165526p:plain

 

世界樹の迷宮Ⅰをベースに新キャラを追加したストーリーモード、単純にリメイクしたクラシックモードの2つを搭載した作品。

 

初代DS版が高画質で遊べる点は素晴らしい。

もし今から初代をプレイするならこちらのリメイク版がやりやすい。

 

f:id:mixcoffee_game:20181125180650p:plain

f:id:mixcoffee_game:20181125180709p:plain

ボイスの追加や、一度踏破したマップは階段までワープできるフロアジャンプ機能なども便利で初心者には嬉しい仕様。

 

また何と言っても今作の目玉はグリモアシステム。

簡単に言うと、敵味方の様々なスキルを使えるようにする装備品。他作品のサブクラスに該当するもの。

 

これを集める→合成するを繰り返しキャラに様々なスキルを使わせることが可能。

非常にやりこみ要素が強い作品。

 

注意すべき点は2つのモードがあるのに対しセーブが一つしか作れないこと。

またクラシックモードだけでは入手できないアイテムがある点も注意。

ギルドカードをコンプする際は遊ぶ順番にも気をつけること。

 

 

 ・新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士【オススメ度 ★★★☆☆】

f:id:mixcoffee_game:20181125215949j:plain

 

sq-atlus.jp

・Ⅱのリメイク

・基本システムは新Ⅰと同じ

グリモアシステムの改善

・DLC問題

・職業間バランス問題

・セーブスロットの増加

f:id:mixcoffee_game:20181125181457p:plain

f:id:mixcoffee_game:20181125181512p:plain

Ⅱのリメイク。基本は新Ⅰと同じ。

 セーブスロットが複数になったのでストーリーモードとクラシックモードの両立が可能となった点は◎

 

今作もまだ攻略途中で詳しくはwiki等を参照。

ただ職業間の格差は強め、ストーリーモードで使われる職業が強めの傾向。

 

追加ボスや職業を有料DLCとして販売した点も多少話題となっている。

 

 

 ・世界樹の迷宮V 長き神話の果て【オススメ度 ★★★★☆】

f:id:mixcoffee_game:20181125220038j:plain

sq-atlus.jp

 ・キャラメイクで細かなカラー調整が可能に

・二つ名システムの導入(サブクラスのような物)

・料理周りの完成度の低さ

・歴代の看板モンスターのリストラ

 

世界樹の迷宮ナンバリングの最新作。

上記のキャラメイクで触れたが、今作からキャラの細かなカラー調整が可能となった。

 

料理、二つ名システムと細かい部分の粗は次回作に活かして欲しいところ。

 

f:id:mixcoffee_game:20181125190954p:plain

f:id:mixcoffee_game:20181125191005p:plain

(管理人は現在、第4階層、20Fを攻略中)

 

まだ到達していないので自分では未確認だが、歴代のあのモンスター達がリストラされている等、経験者にとっては不満に感じる点が多い作品かもしれない。

 

 

世界樹の迷宮X【オススメ度 ★★★★★】

f:id:mixcoffee_game:20181125220315j:plain

sq-atlus.jp

・過去最大級の職業イラストが選択可能

・歴代の職業の中から人気職が集結

・過去作に出てきたNPCや迷宮が再登場

・圧倒的なボリューム

 

世界樹の迷宮シリーズの最新作。

過去作の要素をいろいろ取り入れた作品なので、プレイした作品が多いほど楽しめる。

 

懐かしのダンジョンや迷宮、戦闘曲。

NPCの登場

 

そして何と言ってもDLC

キャラメイクに過去作のイラスト全てが使える大盤振る舞い!!

f:id:mixcoffee_game:20181125192443j:plain

 発売から1ヶ月(在庫切れ多発により延長あり)は無料でした!

カラーメイキングできるのは今作のデフォルト職業+Ⅴの職業だけですが、それでも十分!!

 

戦闘・職業バランスについてはまだ攻略中なので後日更新予定。

 

過去作をプレイしてるとより楽しめますが、初心者にもオススメしたい作品。

 

 

以上ざっくりとした説明。

 

ちなみにBGM担当は古代祐三さん

初代から素晴らしい曲揃い。

 

まとめ

・RPGだけどストーリー重視の人にはオススメできない。

・難易度は高め。シビアな戦闘が好きな人はハマると思う。

・個人的な意見としては、初めての方でナンバリングをするならⅣ、とりあえず世界樹がしたいならXでいいかなと思う。